蜃気楼の舟 screen ベティ

壊れた老人は取り替える、ただそれだけのことだったー。『今、僕は』の竹馬靖具監督の新境地!
【終了日:4/22(金)】

【監督】竹馬靖具
【キャスト】小水たいが,田中泯,足立智充,小野絢子,竹厚綾
2015年/日本/99分/アップリンク/ブルーレイ ※スケジュール表ではDCPと表記していましたが、変更になりました。

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
4月09日(土)〜4月15日(金)
18:00〜19:45
4月16日(土)〜4月22日(金)
19:25〜21:05 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(4/5(火)まで)有隣堂伊勢佐木町本店(上映期間中も販売/特典は付きません)
前売り券特典:ポストカード
・4/9(土)18:00回上映時、
 小水たいがさん、竹馬靖具監督の初日舞台挨拶あり

パンフレットをネットショップで販売中

いつまでも閉じ込めておくことはできない。


【壊れた老人は取り替える、ただそれだけのことだった】

父に捨てられた青年は囲い屋となり、父はホームレスとなって彼の前に現れた
主人公の男は、友人に誘われたことがきっかけで、囲い屋で働いていた。
ある日、それまでモノのように扱ってきたホームレスのひとりに、自らの父を発見する。
導かれるように父を連れて囲い屋を出た男は、自身の欠落を問うために車を走らせる。
現実と異世界を揺れ動くドライブの中で父と訪れた廃墟には、母親の幻影がさまよっていた。
そして、並行して描かれる、現実と幻想の狭間を航海する一艘の舟が向かう先には…

【囲い屋から見える生の劣化】

東京からホームレスの老人達を連れ去り、小屋に詰め込み、世話をする代わりに、その生活保護費をピンハネすることを生業にしている若者達を「囲い屋」と呼ぶ。「豊かな国」日本の中にあって、ホームレスまでも金に換える「囲い屋」が現れる歪んだ社会構造。生きるということは、ただ閉じ込められているホームレスの老人達のような状態ではなく、彼らをお金に換えることでもないはずだ。ここからは劣化した生が見えてくる。ホームレスをも金に換えようとする日本の生の劣化に抗いたいという想いで今作を完成させた。

【東欧最大のカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭でワールドプレミア】

世界的にも歴史のある映画祭、第50回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭のフォーラム・オブ・インディペンデント コンペティションに正式出品され、革命の国・チェコでのワールドプレミアは満員の観客に拍手で迎えられた。その後、第26回シンガポール国際映画祭にも正式出品。ひきこもりの青年を描き、国内外からの高い評価を得て、異例の大ヒットとなった前作『今、僕は』から、更なる飛躍をした竹馬靖具監督の新境地。

関連映画
「蜃気楼の舟」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)