爆心 長崎の空 screen ジャック

公式サイト: http://www.bakusin-movie.com

被爆の記憶を抱える長崎の街を舞台に、新たな一歩を踏み出そうとする人々の姿を描く

【監督】日向寺太郎
【キャスト】北乃きい , 稲森いずみ , 柳楽優弥 , 佐野史郎 ,
2013年/日本/98分/パル企画/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
8月03日(土)
12:15〜14:00
18:30〜20:10
8月04日(日)〜8月09日(金)
12:15〜14:00
18:15〜20:00
8月10日(土)〜8月16日(金)
10:00〜11:40
16:50〜18:30
8月17日(土)〜8月23日(金)
17:15〜18:55
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,300円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、有隣堂伊勢佐木町本店
・8/3(土)12:15回上映後、日向寺太郎監督による舞台挨拶あり!
パンフレットをネットショップで販売中

戦後68年の被爆地・長崎から今の日本へ届けたい、再生への想い。

坂の上の団地に住む長崎大学3年生の門田清水は、父母と平凡だが幸福な日々を過ごしている。陸上部で汗を流し、医学生の光太とのデートを楽しむ日々。将来のことは漠然としているが、何の不安もない、明るく純粋な少女だった。 ある日、母とケンカしたその夜、母が心臓発作で亡くなった。あまりの突然の出来事に、清水はその死を受け入れられない。母からの電話を無視した罪悪感に押しつぶされそうで、言いそびれた「ごめん」を言葉にすることもできなかった。
一方、高森砂織はまもなく娘の一周忌をむかえるが、一人娘を失った悲しみを癒せないでいる。砂織の実家は、300年続くカトリックの家だった。母・瀧江と父・良一は、孫の死を「神の思し召し」と考え、試練を乗り越えようとしてきた。ある日、砂織の妊娠が発覚する。また子供を失うのではないかという恐怖と、生みたいという思いで混乱する砂織。夫の博好は、やり直そうと砂織を励ますが、砂織は、なぜ沙耶香を失ったのかという思いに心を支配されていく。
やがて、砂織と清水は浦上天主堂近くで導かれるように出会う。二人は共に大切な人を亡くしたことを知り、互いに欠けたものを求めるように心を通わせる。 閉ざしたふたりの心は、明日という未来へすすむことができるのか・・・

芥川賞作家であり現・長崎原爆資料館館長の青来有一氏原作「爆心」(谷崎潤一郎賞/伊藤整文学賞)を、実写映画「火垂るの墓」で高い評価を得た日向寺太郎監督が映画化。
ピアノが奏でる美しい旋律は、日本を代表するジャズピアニスト・小曽根真の音楽。同様に初めて映画のために詞を書き下ろした印象的な主題歌「ひまわり」を唄うのは、ソウルシンガー・小柳ゆき。
そして、主人公・清水を演じるのは若手実力派女優・北乃きい。幼い娘を亡くした母・砂織役を稲森いずみ。「すべては海になる」以来待望の映画出演となる柳楽優弥。さらに、杉本哲太、佐野史郎、宮下順子、池脇千鶴、石橋蓮司らスタッフ・キャストとも豪華な顔ぶれが集結した。

関連映画
「爆心 長崎の空」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)