ベルヴィル・トーキョー screen ジャック

『わたしたちの宣戦布告』監督・主演のヴァレリー・ドンゼッリ主演作

【原題】Belleville Tokyo
【監督】エリーズ・ジラール
【キャスト】バレリー・ドンゼッリ,ジェレミー・エルカイム,ジャン=クリストフ・ブーベ,フィリップ・ナオン
2011年/フランス/75分/マーメイドフィルム/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
6月15日(土)〜6月21日(金)
19:20〜20:35
6月22日(土)
16:45〜18:05
6月27日(木)〜6月28日(金)
16:45〜18:05
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

「愛してる」って言葉は信じていいの?

『わたしたちの宣戦布告』('11)で監督・主演二役を兼ね、フランス映画界の新星として話題騒然のヴァレリー・ドンゼッリ主演作。
妊娠時期をシングルで過ごし情緒不安定な妻と、父親になることをなかなか受け入れられない夫のすれ違いを巧みな演出で描いた切ないラブストーリーは、監督の実体験をベースにしたもの。
ヨーロッパを代表する名キャメラマン、レナート・ベルタの硬質な映像でとらえられたパリの淋しい風景が心にしみる1本。

エリーズ・ジラール:
1974年生まれ。アニエス・ヴァルダ監督の傑作『5時から7時までのクレオ』を修士論文のテーマにしてソルボンヌ大学を卒業後、演劇学校で学ぶ。
エリック・ロシャン、モーリス・ピアラ等の作品に端役で出演。1997年からパリのカルチェラタンにあるシネフィルの殿堂<シネマ・アクション>系列の映画館で広報を担当。
やがて映画業界をテーマにしたドキュメンタリーを2本製作する。本作は初の長篇劇映画。

関連映画
「ベルヴィル・トーキョー」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)