キューティー&ボクサー screen ジャック

公式サイト: http://www.cutieandboxer.com/

ニューヨーク在住40年、現代芸術家、篠原有司男通称ギュウちゃん。妻であり、母であり、アーティストでもある 乃り子。これはふたりの愛と闘いの記録

【原題】CUTIE AND THE BOXER
【監督】ザッカリー・ハインザーリング
【キャスト】篠原有司男 , 篠原乃り子
2013年/アメリカ/82分/ザジフィルムズ , パルコ/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
12月21日(土)〜12月27日(金)
16:00〜17:30
19:45〜21:10 [レイト]
12月28日(土)〜12月31日(火)
13:55〜15:20
18:50〜20:15
1月02日(木)
13:55〜15:20
18:50〜20:15
1月03日(金)
13:55〜15:20
1月04日(土)〜1月10日(金)
20:25〜21:45 [レイト]
1月11日(土)〜1月17日(金)
18:30〜19:55
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(12/16(月)まで)有隣堂伊勢佐木町本店
前売り券特典:ポストカードセット
パンフレットをネットショップで販売中

ボクシング・ペインティング”で知られる現代芸術家 篠原有司男、通称ギュウチャン。日本で初めて“モヒカン刈り”にした反骨精神溢れる若者は、80歳を超えた今もその頃のスピリットそのままに、創作に人生を捧げ、ひた走る。故・岡本太郎氏は生前、篠原の活動を「ひたむきなベラボウさ」と激賞した。

この物語は、篠原有司男と彼の妻・乃り子の40年間に渡るニューヨークでの波乱に満ちた結婚生活をありのままに綴る、きわめてパーソナルでありながら普遍的な、唯一無二のラブ・ストーリーだ。そして、愛、犠牲、歓び、痛み、情熱、失望、老いていくこと、これらのテーマは、私たちに向けた人生の物語でもある。

監督は、29歳のザッカリー・ハインザーリング。大手ケーブル局HBO等でキャリアを積み、本作が長編映画監督デビュー。夫妻に魅了され、4年の歳月をかけて密着し、作品を完成させ、サンダンス映画祭で見事、ドキュメンタリー部門監督賞を受賞した。音楽は、松本人志監督作『さや侍』等、映画も多く手がけ、世界を舞台に活躍するサキソフォン奏者、清水靖晃。彼の音は、感情豊かで気まぐれな2人の人生とアートを表現し、また冗談に隠された痛みやさびしさをもほのめかす。

サンダンス映画祭以降も、トライベッカ映画祭で観客賞第2位に選出、サンフランシスコ国際映画祭、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭、ミュンヘン国際映画祭他、数々の映画祭から招待され、 “オスカーに最も近い配給会社”といわれるワインスタイン・カンパニー配給により、この夏、北米でも公開。世界各地で“ギュウチャン・フィーバー”を巻き起こしている。

関連映画
「キューティー&ボクサー」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)