アイ・ウェイウェイは謝らない screen ジャック

公式サイト: http://aww-ayamaranai.com/

芸術は革命だ! 北京《鳥の巣スタジアム》を作ったアーティストのひとり、破天荒にチャレンジ中!

【原題】AI WEIWEI: NEVER SORRY
【監督】アリソン・クレイマン
【キャスト】アイ・ウェイウェイ
2012年/アメリカ/91分/キノ フィルムズ/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
12月28日(土)〜12月30日(月)
13:50〜15:25
19:30〜21:05 [レイト]
12月31日(火)
13:50〜15:25
1月02日(木)〜1月03日(金)
13:50〜15:25
19:30〜21:05 [レイト]
1月04日(土)〜1月10日(金)
18:40〜20:15
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(12/23(月)まで)
前売り券特典:缶バッチ
パンフレットをネットショップで販売中

アイ・ウェイウェイに起こった"出来事"を目撃するライヴ感満載の1本

艾未未(アイ・ウェイウェイ)は中国随一の著名な現代芸術家であると同時に、最も声高な自国批判者である。2008年オリンピック大会の“鳥の巣”スタジアムのクリエイターのひとりとして参画をしながらも、オリンピック大会を糾弾し、危険分子のひとりとして注目されるようになり、2008年5月の四川大地震における校舎倒壊と五千人以上の学童の死についての調査したことにより、彼と中国政府の対立は決定的となってしまう。

本作品は、アイ・ウェイウェイが四川での調査に着手し、政府の監視の目が厳しくなっていく2008年12年からスタートする。そして、2009年8月、警察による深夜急襲に発展し、アイ・ウェイウェイは暴行を受けてしまう。翌月、ミュンヘンでヨーロッパ初の大規模個展を準備していたアイ・ウェイウェイは、脳外科緊急手術を受ける。一方、ミュンヘンでの個展では、地震で亡くなった学童たちを追悼する9000個の通学カバンで作られた感動的なインスタレーション「追悼」として紹介される。

地元警察の暴力を告訴し、又、学童たちの死を調査するという、公私両面の正義追求のため、アイ・ウェイウェイは四川省の省都である成都を何度も訪れるも、私服刑事たちの尾行と監視が終始つきまとう。時を同じくして、アイ・ウェイウェイの芸術家としてのキャリアは急上昇し、ロンドンのテート・モダンのタービンホールで新作を展示するという名誉ある依頼を受ける。

アイ・ウェイウェイは政府に挑み、芸術を生み出し続ける。2010年、アイ・ウェイウェイは手仕事で作られた磁器製のヒマワリの種一億粒をテート・モダンに敷き詰めるという大規模プロジェクトを実現する。種は、彼のこれまでの取り組みの総和と、大衆伝達・大衆参加の持つ力を象徴している。それから間もなく、中国は壊滅的な力で反撃する。2011年初めの全国規模の反政府者弾圧を背景に、アイ・ウェイウェイは自身の上海スタジオが無残に取り壊され、81日間、非合法的に身柄を拘束されるという事態に見舞われる。これらの劇的な事件により、アイ・ウェイウェイは以前に増して象徴的存在となる。アイ・ウェイウェイの反骨精神がいまだかつてない課題――自身の身柄解放に伴う厳しい諸条件をどう乗り切るか――。

本作品には、初収録となるアイ・ウェイウェイの母親と弟とのインタビュー映像も含まれ、友人たちは、アイ・ウェイウェイが1980年代のニューヨークでボヘミアン的に過ごした10年と、90年代半ばの彼の北京帰還について、そして帰国後の彼の影響力についても語っている。

関連映画
「アイ・ウェイウェイは謝らない」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)