革命の子どもたち screen ジャック

革命運動の時代、女性革命家として名を馳せた重信房子ら4人の女性に焦点を当てたドキュメンタリー

【原題】Children of the Revolution
【監督】シェーン・オサリバン
【キャスト】重信房子,重信メイ,ウルリケ・マインホフ,ベティーナ・ロール,足立正生
2011年/イギリス/88分/太秦/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
7月05日(土)〜7月11日(金)
10:05〜11:35
16:15〜17:45
7月12日(土)〜7月18日(金)
18:35〜20:05
7月19日(土)〜7月25日(金)
16:35〜18:05
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
・7/6(日)16:15回上映前、舞台挨拶
 登壇:重信メイさん、足立正生さん
 (登壇者は予定)
パンフレットをネットショップで販売中

若松孝二監督が公開を熱望し、
最後の遺言とも言えるドキュメンタリーが遂に公開!

革命家と呼ばれ、母親として生きた女たち
国籍も名前も変えて生きなければならなかった娘は、
母に何を想うのか―

1970年代初頭、ドイツのウルリケ・マインホフと重信房子は世界革命を目指し、それぞれが母国を後にする。
その後、彼女たちはパレスチナ過激派と共に戦闘訓練を受け、ウルリケは“バーダー・マインホフ・グループ”、房子は“日本赤軍”のリーダーとして二人は悪名高い“テロリスト”となった。
1968年に世界を揺るがし、同時多発的に起きた学生反乱事件に触発され製作された本作は、当時の貴重なニュース映像や、二人に接した人たちのコメントを交え、テロリストの素顔とその娘たちの生き方を重層的に描き出し、現代が失った変革を恐れぬ勇気を象徴的に描き出した。

監督はイギリス気鋭のドキュメンタリスト、シェーン・オサリバンが務め、ヨーロッパ各地でセンセーションを巻き起こした。
国籍や名前を変えて生きなければならなかった房子の娘であるメイは、その苦悩と母への想いを涙ながらにカメラに語る。革命家であり、母親でもある彼女たちの生き方、また革命家の娘として生きた子どもたちの人生は、絶えず“幸福なる社会”を追い求める人間の本質を、私たちに激しく問いかけてくるであろう。

関連映画
「革命の子どもたち」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)